「プライベートバンカー完結版 節税攻防都市」清武英利著

公開日: 更新日:

 2010年、杉山はシンガポールに着任する。野村証券や外資系銀行などでの実績を買われ、プライベートバンクビジネスを手掛けるシンガポール銀行の日本担当・桜井にヘッドハンティングされたのだ。

 プライベートバンクとは、富裕層の資産を管理・運用し、信託報酬を受け取るビジネス。杉山が採用条件を満たすには、1年以内に1億ドルの金を集め、100万ドルの収益を上げなければならない。しかし、着任早々、杉山はアシスタントから桜井が前任者たちをクビにして、彼らの顧客資産から上がる信託報酬を自分の売り上げに組み入れていると聞く。

 シンガポールを舞台に、大金持ちの資産を守る「カネの傭兵」、プライベートバンカーの世界を描くノンフィクション。

(講談社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る