「貧困を救えない国日本」阿部彩、鈴木大介著

公開日:

 2015年のデータによると、日本の相対的貧困率は15.7%で、経済開発協力機構35カ国中28位。相対的貧困率とは、社会の標準的な生活習慣や行為を行うことができない人の割合で、15年では手取りの年間所得が1人世帯で122万円以下、4人世帯で244万円以下の世帯を指す。それでも政治家は日本に本当の貧困などはないと公言してはばからない。

 本書は、社会政策学者の阿部氏と貧困家庭の現場を長年取材してきた鈴木氏が、日本の貧困問題の現実と本質を語り合う対談集。

「でたらめな理解、事実と違う見方、常識の嘘」がはびこる間違いだらけの貧困イメージを正し、なぜ貧困を放置してはいけないのか、対処するための財源はどうするかなど、責任論が横行する問題に一石を投じる。

(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る