「無子高齢化 出生数ゼロの恐怖」前田正子著

公開日:

 日本の人口は2040年代に1億人を割るといわれ、そのときは65歳以上の高齢者が4割を占める超高齢社会が到達する。このように日本の出生率が下がり続ける理由を、元横浜市副市長の著者は「戦後の人口動向を政府が読み間違った」ためだとズバリ言う。

 団塊ジュニアとポスト団塊ジュニア世代の未婚化が進んだことが大きな要因だが、それは若者のせいではなく、むしろ彼らは時代の被害者である。バブル崩壊後、生き残りに必死だった企業が新規採用を抑制し、非正規化を進めたため、若者が安定した職につけず、働いても収入が低ければ、結婚・出産は難しい。それが現在の“無子高齢化”を生んだと指摘。さらに、貧困対策と就労支援など包括的な子育て・若者支援政策の必要性を訴える提言の書だ。

(岩波書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る