「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」櫛野展正著

公開日: 更新日:

 世の中には、他人の目や評価などを一切気にせず、自らに湧き上がる衝動に突き動かされるように、ひたすら創作活動を続ける人がいる。そうした市井の表現者たちを紹介するアートガイド。

 こうした人々の作品は、近年「アール・ブリュット」と呼ばれ、注目が集まっているが、その言葉には「純粋」「無垢」などの側面が重視されていると、著者はあえて負のイメージをも内包する「アウトサイダー・アート」という言葉をあてる。

 その1人、「ストレンジナイト」と名乗る男性は、かつては美術業界の渦中にいたそうだが、今は年齢も名前も非公開で、自作のマスクをかぶり人目を避けて生活している。氏は、那須高原に私設博物館を開設して、自ら製作した2万点を超える仮面やオブジェ、絵画などを展示しているが、博物館は年中休館中だという。

 その他にも、自ら架空のお笑い芸人を多数つくり出し、彼らのイラストをはじめ、その経歴や、それぞれのネタ、そして架空の「R―1グランプリ」などの大会に出場した記録まで、すべて無からつくり出してしまう「けうけげん」さん、自宅の外壁からトイレや風呂場、寝室、そして家電にいたるまであらゆるスペースを色鮮やかな図柄で埋め尽くす小林伸一さん、鉄筋コンクリート造りの自邸の均一な形が気に入らず、その自宅を覆うよう石灰岩を積み上げて岩山にしてしまった沖縄の饒波隆さんなど。

「セルフビルド」や「過剰装飾」などジャンルごとに90人、さらにお勧めアウトサイダー・アーティスト45人を加え計135人の「表現者」たちを紹介する。

 読者は、一人一人の内面世界が表出したようなそれぞれの「作品」の熱量と、彼らの生きざまにただただ圧倒されるに違いない。

(イースト・プレス 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る