「BODY 世にも美しい人体図鑑」スティーブ・パーカー著 A・ベイカー/絵 千葉啓恵訳

公開日: 更新日:

 あなたは、自分の体の中に全部でいくつの骨があるかご存じだろうか。正解は(基本的には)206個。幼児期には300個を超えるそうだが、成長とともに頭の骨などがくっつき、総数は減少するそうだ(基本的にとただし書きがつくのは、遺伝などで12人に1人は、肋骨が1対多かったりなどのばらつきがあるから)。

 誰にとっても「最もかけがえのない持ち物」である体のそんな構造や仕組み、そして働きを、情報と知識を組み合わせて図式化したインフォグラフィックで分かりやすく解説してくれる図鑑。

 骨の記述のほかにも、体重の40%を占める筋肉を総動員したら約20トン(アフリカゾウ3頭分)の重さを持ち上げることができるとか、体内の血管の総延長は約10万キロ=地球2周半分など、さまざまなパーツが数値化された上に、工夫を凝らしたイラストとなって提示される。

 さらに4Kテレビの15倍に匹敵する1億2000万相当の画素数に相当する解像度を誇る目をはじめ、聴覚や嗅覚、味覚の仕組みや、脳とコンピューターとの記憶容量や計算速度の比較、細胞や遺伝子の解説まで。自分の体のことなのに知らないことばかり。

 体内で起きている生物化学的反応=代謝は、非常に狭い範囲の体温の中で細かく調整されているため、体温が正常な範囲を外れると代謝経路が連鎖反応的に乱れてしまう。その結果、体温が28度以下の重度の低体温症になった場合などは衣服を脱いで狭い空間に潜り込もうとするなどの矛盾した行動を起こすという。

 そんな誰かに話したくなるような情報が満載。また、生殖や妊娠、新たな生命の誕生までも分かりやすく書かれているので、子供の性教育のサブテキストにもおすすめ。

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る