「イラストでわかる映画の歴史」アダム・オールサッチ・ボードマン著 細谷由依子訳

公開日: 更新日:

 DVDやオンデマンドなど、いまや気軽に映画を楽しめる時代となったが、初めて映画館で映画を見た時のわくわく、ドキドキした体験を覚えている方も多いことだろう。本書の著者が初めて映画館で見た映画は「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 特別篇」(1997年)だったそうだ。その日は、誕生日だったので映写室に招き入れられ、「映画を息づかせる」巨大な映写機とも対面。その日から映画に魅了され続けているという氏が、壮大な映画の歴史をたどりながら、映画人たちのたゆまぬ挑戦と情熱を伝えるイラスト・ブック。

 絵で物語を伝えるという目的で光が使われたのは、東アジアに今も残る「影絵」が始まった古代まで遡ることができる。

 1659年には現代人が映写機と呼ぶものに近い「幻灯機」が発明された。

 そして19世紀末には、デジタルが登場するつい最近まで使われていた感光性のセルロイド製「フィルム」が誕生する。

 現存する最古の映画は「映画の父」と呼ばれるフランス人発明家ルイ・ル・プランスが1888年に撮影した「ラウンドヘイの庭の場面」という映像で、長さわずか2・11秒という。

 1893年には発明王のトーマス・エジソンが撮影スタジオを設立。

 そして1895年にパリで一般人向けに初めて映画がスクリーン上映される。この「ラ・シオタ駅への列車の到着」を見た観客は、自分たちに向かって突進してくる列車におののいたという。

 以後、フィルムノワールやヌーベルバーグなど映画の潮流や変革、特殊撮影技術や撮影機材の発展まで。「七人の侍」や「スター・ウォーズ」などの名作映画の撮影現場の様子などを紹介しながらたどる。一読すれば久しぶりに映画館に足を運びたくなるはず。

(フィルムアート社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る