「本と鍵の季節」米澤穂信著

公開日: 更新日:

 高校の図書室を舞台にした青春ミステリー。堀川次郎と友人の松倉詩門は高校2年生で、図書委員。利用者の少ない放課後の図書室で、雑談しながら当番を務めている。

 語り手の「僕」こと堀川は、一文の得にもならないのについ他人の相談に乗るお人よし。一方の松倉は大人びた皮肉屋で、どこか謎めいている。キャラの違う2人が、互いに触発されながら推理を働かせ、図書室に持ち込まれる謎を解く6つの連作短編集。

「僕」がちょっと憧れている3年生の先輩女子は、亡くなった祖父が残した金庫を開けてほしいと2人に頼む。(「913」)

 不良と呼ばれる兄を持つ後輩は、教師にテスト用紙を盗んだと決めつけられた兄の濡れ衣を晴らしたいと、2人に相談する。(「金曜に彼は何をしたのか」)

 自殺した友人が死の前日に読んでいた本を探してほしいと頼みに来た先輩は、そこに遺書が挟んであるはずだという。(「ない本」)

 違うアプローチを強みにして先輩や後輩の問題を解決してきた2人だが、ある日、「昔話でもしようぜ」と松倉が言い出し、「僕」は松倉の過去に踏み込んでいくことになる。

 顔も頭も良く、皮肉の利いたバカ話をする友人は、「僕」の想像を超える厳しい社会の風にさらされて生きていた……。最終話「友よ知るなかれ」は、2人の「その先」が知りたくなるビターな幕切れ。

(集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る