「フーガはユーガ」伊坂幸太郎著

公開日:

 主人公は、常盤優我と風我という双子の兄弟。2人には他人にはなかなか理解してもらえない重大な秘密があった。それは誕生日の決まった時間になると、なぜか2人が入れ替わってしまうこと。小学生のときに異変に気づき、当日はなるべく同じ服を着る、その時刻にはトイレの個室など人目につきにくい場所にいるなどの約束をしていたのだが、ある盗撮映像に入れ替わりの瞬間が撮影されてしまい、不審に思ったテレビ番組のディレクター・高杉が優我に連絡をとってきた。事情を聴かせてほしいという高杉に対して、優我はファミリーレストランの中で今までのいきさつを話し始めるのだが……。

「オーデュボンの祈り」で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビューして以来、「ゴールデンスランバー」「AX アックス」などのヒット作を連発してきた著者の最新作。暴力的な父親と頼りない母親の下に生まれながらも、お互い支え合いながらサバイバルしてきた双子の兄弟が、入れ替わりを武器に理不尽な事件に立ち向かう。

 読み進めるうちに、伏線が随所に用意されていたことに驚かされること必至。

(実業之日本社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る