「料理長が多すぎる」レックス・スタウト著、平井イサク訳

公開日:

 ネロ・ウルフといえば、美食と蘭をこよなく愛する名探偵として知られる。なにせ、お抱えの料理人を雇い、屋上の栽培室には1万株もの蘭があるという凝りよう。美食家を体現するように、体重も140キロ超の巨漢。

 本書はそのウルフのグルマンぶりを存分に示した料理ミステリーである。

【あらすじ】物語は、出無精で有名なウルフがニューヨークから列車に乗る場面から始まる。世界各地から選出された名料理長15人が、アメリカの保養地カノーワ・スパーに集まり晩餐会を開くことになり、ウルフはその主賓として招待されたのだ。

 出発してしばらくすると、ウルフのコンパートメントに友人の料理長ヴュクシクがやって来た。サン・レモから来たヘローメ・ベリンを紹介したいという。このベリンこそ、ウルフが愛してやまない絶品のソーセージ料理、ソーシス・ミニュイの考案者であった。

 ウルフは早速、その作り方を密かに教えてくれないかとベリンに懇願するが、頑として首を縦に振らない。その代わり聞かされたのが、ラスジオという料理人の悪口だった。ラスジオは何人もの料理人からレシピを盗んだだけでなく、ヴュクシクの妻まで寝取ったのだ。

 そして、晩餐会の前日、余興として15人の料理長とウルフによるソースの味利きが行われたのだが、出題者のラスジオが刺殺されてしまう。犯人として疑われたのはベリンだった。状況からベリンの犯行はあり得ないと思ったウルフは、せっかくの休暇が台無しだと思いつつも捜査に乗り出していく……。

【読みどころ】幾多の名探偵の中でも極めて個性的なネロ・ウルフ。その傲岸さと美食を求めてのわがままなこだわりはいっそすがすがしくもある。探偵小説黄金期の名品を堪能されたい。 <石>

(早川書房 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る