「京都迷宮小路」浅田次郎ほか著

公開日: 更新日:

 一代でファッションメーカーを築き上げた村井は、ある夜、京都・東山の料亭で取引先の百貨店幹部を接待。その帰り道、秘書とタクシーに乗った村井は、雨の中、祇園石段下で誰かを待っているような浴衣姿の女性を見かける。

 その途端、村井の脳裏に長らく忘れていた志乃という名前が蘇る。志乃は学生時代に京都で暮らした村井の恋人で、30年前、村井は石段下での彼女との待ち合わせをすっぽかしたことがあったのだ。たとえ話にごまかして女性秘書の木内に過去の顛末を明かすと、彼女は石段下で「女の念」が今も待ち続けているのではないかという。(浅田次郎著「待つ女」)

 人気作家7人の京都を舞台にしたミステリーを編んだアンソロジー。

(朝日新聞出版 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る