「残業学」中原淳+パーソル総合研究所著

公開日: 更新日:

 世は「働き方改革」ブームだが、現場には「やらされムード」が蔓延している。なぜなら、長時間労働を生み出す現場マネジメントの機能不全や、不適切な仕事量など、残業の根本的原因を放置して、「改革」が時間数を削減することに終始しているからだ。本当の働き方改革には、長時間労働を見直しつつ、仕事の付加価値をどのように高めるのか、業績を維持するためにどうするかなど、将来の成果や希望への目配りが必要だと著者は説く。

 本書は、2万人を超える大規模調査から得たデータに基づき、残業を学際的に研究。分かりやすい講義形式で、残業の実態から、残業が起きてしまうメカニズム、そして残業を抑制する実務的知見まで論じる真の働き方改革テキスト。

(光文社 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る