「日本の雇用が危ない」西谷敏ほか著

公開日:  更新日:

■安倍政権の「労働規制緩和」を徹底批判

 アベノミクスは小泉改革を引き継いで「規制緩和」を掲げる。その手法のひとつが「特区」方式。通常の法律のしばりをくぐりぬける特例地区を設け、試験的な施策を取り入れようというわけだ。

 そこで出てきたのが「雇用特区」。そのココロは「普通は各種の労働者保護政策のおかげでやりづらい馘首(かくしゆ)を、企業側に好都合なかたちで実施する」というもの。本書はアベノミクスに批判的な全国の経済学者たちが集まって安倍政権の手法のカラクリをあばこうという論集だ。

 もっとも一般書ではなく、あくまで専門書だから議論のハードルは高い。中間管理職の残業を事実上無制限にする「ホワイトカラー・エグゼンプション」、正社員の中に構造的に格差を生み出そうとする「ジョブ型正社員」制度、近ごろ目立つようになってきた「解雇権」の乱用問題など、まさにいま現在の課題事項がくわしく解説、分析、批判されている。労組担当者などはこれを精読することで交渉の質が大いに上がるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る