「日本の雇用が危ない」西谷敏ほか著

公開日: 更新日:

安倍政権の「労働規制緩和」を徹底批判

 アベノミクスは小泉改革を引き継いで「規制緩和」を掲げる。その手法のひとつが「特区」方式。通常の法律のしばりをくぐりぬける特例地区を設け、試験的な施策を取り入れようというわけだ。

 そこで出てきたのが「雇用特区」。そのココロは「普通は各種の労働者保護政策のおかげでやりづらい馘首(かくしゆ)を、企業側に好都合なかたちで実施する」というもの。本書はアベノミクスに批判的な全国の経済学者たちが集まって安倍政権の手法のカラクリをあばこうという論集だ。

 もっとも一般書ではなく、あくまで専門書だから議論のハードルは高い。中間管理職の残業を事実上無制限にする「ホワイトカラー・エグゼンプション」、正社員の中に構造的に格差を生み出そうとする「ジョブ型正社員」制度、近ごろ目立つようになってきた「解雇権」の乱用問題など、まさにいま現在の課題事項がくわしく解説、分析、批判されている。労組担当者などはこれを精読することで交渉の質が大いに上がるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る