「つくもがみ笑います」畠中恵著

公開日: 更新日:

 根付けの猫が年を経て付喪(つくも)神になった猫神。その猫神が居着いている古道具屋兼損料屋の出雲屋に、「大江戸屏風(びょうぶ)」という立派な屏風が持ち込まれた。旗本の篠崎家が徳川家から拝領したものだが、篠崎家でボヤが出て、大工が出入りする間、出雲屋に預けるという。

 ところが、屏風から鼠(ねずみ)の声がする。旗本の蜂屋が篠崎家で屏風を見ていた時、腰に着けていた根付けの利休鼠が篠崎家の猫に追いかけられ、その猫ともども屏風の中に飛び込んでしまったらしい。猫神が利休鼠を助けるために他の付喪神とともに屏風に飛び込むと、そこは200年前の江戸の町だった。(「二百年前」)

 好奇心旺盛な付喪神たちが活躍する短編時代小説6編。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る