「つくもがみ笑います」畠中恵著

公開日: 更新日:

 根付けの猫が年を経て付喪(つくも)神になった猫神。その猫神が居着いている古道具屋兼損料屋の出雲屋に、「大江戸屏風(びょうぶ)」という立派な屏風が持ち込まれた。旗本の篠崎家が徳川家から拝領したものだが、篠崎家でボヤが出て、大工が出入りする間、出雲屋に預けるという。

 ところが、屏風から鼠(ねずみ)の声がする。旗本の蜂屋が篠崎家で屏風を見ていた時、腰に着けていた根付けの利休鼠が篠崎家の猫に追いかけられ、その猫ともども屏風の中に飛び込んでしまったらしい。猫神が利休鼠を助けるために他の付喪神とともに屏風に飛び込むと、そこは200年前の江戸の町だった。(「二百年前」)

 好奇心旺盛な付喪神たちが活躍する短編時代小説6編。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  3. 3

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  4. 4

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  5. 5

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  8. 8

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  9. 9

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

  10. 10

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

もっと見る