• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「若様とロマン」畠中恵著

 明治になって禄を失い、巡査となって糊口をしのぐ元旗本の若様たち。薄給で家臣を抱えて四苦八苦している。

 そんな彼らに成り金の小泉商会の当主が見合いを持ちかけた。開戦派に対抗するために縁談で味方を増やしたいらしい。最初に目をつけられたのが、見目はよいが愛想のない園山。相手は小泉の娘、沙羅の友人の太田駒子で、実は父親と同年配の青川という男との縁談を壊すために協力してほしいというのだ。女学校の運動会のどさくさに紛れて駒子を伯母の家に連れていこうとしたが、突然、青川が現れて……。(「園山・運動会」)

 若様組シリーズ第3弾の時代小説の短編5編。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る