「明治・妖(あやかし)モダン」畠中恵著

公開日: 更新日:

<明治の銀座が舞台の怪奇小説>

 江戸から明治になってまだ20年、銀座4丁目交差点の派出所の原田巡査は、雷を恐れて逃げ込んできた小悪党の伊勢らに以前に出合った事件のことを語り出す。それは牛鍋屋での騒動が発端だった。店主の妹・みなもに惚れる待合主の下谷の用心棒・木島が、彼らを快く思わない常連客らと衝突。数日後、アーク灯の届かぬ暗闇で、その常連客らが相次いで「かまいたち」の被害に遭った。自らも襲われた原田は、下谷の正体を突き止めるため、彼がみなもにプレゼントした翡翠(ひすい)のブローチの出どころを調べ始める。そんな中、みなもが何者かに連れ出されて行方不明に。(「煉瓦街の雨」)

 明治の銀座を舞台に描く怪奇連作小説。
(朝日新聞出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

  10. 10

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

もっと見る