「明治・妖(あやかし)モダン」畠中恵著

公開日:  更新日:

<明治の銀座が舞台の怪奇小説>

 江戸から明治になってまだ20年、銀座4丁目交差点の派出所の原田巡査は、雷を恐れて逃げ込んできた小悪党の伊勢らに以前に出合った事件のことを語り出す。それは牛鍋屋での騒動が発端だった。店主の妹・みなもに惚れる待合主の下谷の用心棒・木島が、彼らを快く思わない常連客らと衝突。数日後、アーク灯の届かぬ暗闇で、その常連客らが相次いで「かまいたち」の被害に遭った。自らも襲われた原田は、下谷の正体を突き止めるため、彼がみなもにプレゼントした翡翠(ひすい)のブローチの出どころを調べ始める。そんな中、みなもが何者かに連れ出されて行方不明に。(「煉瓦街の雨」)

 明治の銀座を舞台に描く怪奇連作小説。
(朝日新聞出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る