「なりたい」畠中恵著

公開日:  更新日:

 廻船問屋兼薬種問屋の若旦那・一太郎は、材木問屋の娘の於りんと、将来縁組をすることが決まった。先々を考え、早く仕事を覚えたいと焦るものの3日店先に立てばすぐに寝込む病弱ぶりは相変わらず。世話をしてきた兄やたちは、一太郎が治るよう神社に寄進に行こうとしたが、それでは一太郎の看病ができない。ならば、逆に神様に来ていただこうということになり、豪勢な食事を用意して神様を歓待した。気を良くした神様は、来世何になろうかと気にかかっている一太郎のなりたいものを聞き、気に入ればそれを引き寄せてやろうと言いだす。果たして一太郎は神様に気に入られる答えを見つけられるか……。

 本書は、人気の「しゃばけ」シリーズ第14弾。「なりたい」ものを思案する一太郎のもとに「妖になりたい」「人になりたい」「猫になりたい」「親になりたい」「りっぱになりたい」者たちが現れ、知恵を請う。この世のものではない妖を見られる主人公ならではの解決策も面白い。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る