• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なりたい」畠中恵著

 廻船問屋兼薬種問屋の若旦那・一太郎は、材木問屋の娘の於りんと、将来縁組をすることが決まった。先々を考え、早く仕事を覚えたいと焦るものの3日店先に立てばすぐに寝込む病弱ぶりは相変わらず。世話をしてきた兄やたちは、一太郎が治るよう神社に寄進に行こうとしたが、それでは一太郎の看病ができない。ならば、逆に神様に来ていただこうということになり、豪勢な食事を用意して神様を歓待した。気を良くした神様は、来世何になろうかと気にかかっている一太郎のなりたいものを聞き、気に入ればそれを引き寄せてやろうと言いだす。果たして一太郎は神様に気に入られる答えを見つけられるか……。

 本書は、人気の「しゃばけ」シリーズ第14弾。「なりたい」ものを思案する一太郎のもとに「妖になりたい」「人になりたい」「猫になりたい」「親になりたい」「りっぱになりたい」者たちが現れ、知恵を請う。この世のものではない妖を見られる主人公ならではの解決策も面白い。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る