「北氷洋」著 高見浩訳

公開日:

 1859年4月、インドに従軍していた軍医のサムナーは、船医として捕鯨船ヴォランティア号に雇われる。船長のブラウンリーは、経歴に不釣り合いな船医の仕事に応じたサムナーに不審を抱く。一方、出港前日、町に買い物に出たサムナーは道を尋ねたこじきから船長の悪い噂を聞く。翌日、銛打ちのドラックスや1等航海士のキャヴェンディッシュら船主のバクスターが集めたくせ者ぞろいの船員を乗せ、船は北極海を目指し出港する。実は、ブラウンリーには船員たちに明かしていないバクスターとの密約があった。捕鯨が始まった直後、船底で少年給仕の惨殺体が見つかる。

 圧倒的筆力で、究極の密室空間を舞台にしたサバイバルを描く長編サスペンス。

(新潮社 790円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る