「跳ぶ男」青山文平著

公開日: 更新日:

 貧しい小藩の藤戸藩には、まっとうな墓地を造るような土地もなく、亡きがらはすべて海へ流されていた。道具役(能役者)の長男として生まれた屋島剛は、同じ能役者の友・岩船保が「俺はこの国をちゃんとした墓参りができる国にするんだ」と言うのを憧れをもって聞いていた。保はその思いを実現するべく学問に励み、藩の上層部からも将来を嘱望されていた。しかし、志半ばで、保は不始末をしでかし切腹。友を失い呆然とする剛だが、目付の鵜飼又四郎から、急逝した藩主の身代わりになれと命じられる。

 血のつながった世継ぎがない場合は、あらかじめ幕府に届けて養子を迎えねばならないのだが、急な死のため届けられず、それが認められる17歳まで藩主が生きていることにしなければならない。また、藤戸藩が将来を得るには、江戸城で行われる招請能で存在を示すしかない。その役割を負うはずの保の身代わりとして剛が名指しされたのだ。藩の命運を背に、剛は能役者としての才能を開花させていくが、いつしか別の野望を抱いていく……。

 能という芸の神髄を描きながら、その政治的役割をも鮮やかに活写する、まったく新しい時代小説。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る