「天文方・伊能忠敬出奔」小杉健治著

公開日: 更新日:

 文化14(1817)年、間宮林蔵が蝦夷地から八丁堀の伊能忠敬邸に帰還する。17年前に伊能がやり残した部分の測量を間宮に依頼していたのだ。これで全国の測量が終わり、いよいよ日本地図の製作に取り組むことができる。73歳の伊能の脳裏にこれまでの日々が蘇るのだった。

 伊能がまだ三治郎と名乗っていた16歳のとき、継母と折り合いが悪くなり、実家を出奔。佐原の宿場で知り合った香具師の十蔵について江戸を目指す三治郎だが、道中、十蔵は待ち伏せしていた男たちに命を狙われる。十蔵と別れ、ようやく江戸に着いた三治郎だが、十蔵は待ち合わせの場所に現れない……。

 伊能忠敬の青春時代を描く時代小説。 (朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る