「天文方・伊能忠敬出奔」小杉健治著

公開日: 更新日:

 文化14(1817)年、間宮林蔵が蝦夷地から八丁堀の伊能忠敬邸に帰還する。17年前に伊能がやり残した部分の測量を間宮に依頼していたのだ。これで全国の測量が終わり、いよいよ日本地図の製作に取り組むことができる。73歳の伊能の脳裏にこれまでの日々が蘇るのだった。

 伊能がまだ三治郎と名乗っていた16歳のとき、継母と折り合いが悪くなり、実家を出奔。佐原の宿場で知り合った香具師の十蔵について江戸を目指す三治郎だが、道中、十蔵は待ち伏せしていた男たちに命を狙われる。十蔵と別れ、ようやく江戸に着いた三治郎だが、十蔵は待ち合わせの場所に現れない……。

 伊能忠敬の青春時代を描く時代小説。 (朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る