「魔眼の匣の殺人」今村昌弘著

公開日: 更新日:

 関西の私大、神紅大学「ミステリ愛好会」の葉村譲と剣崎比留子が謎解きに挑む長編ミステリー。「屍人荘の殺人」で作家デビューし、鮎川哲也賞や本格ミステリ大賞を受賞した作者の待望の第2弾である。

 葉村と比留子は、ある施設を探して、人里離れたW県I郡旧真雁地区を訪ねる。そこは、前作にも登場した謎の研究機関が極秘で超能力の研究を行っていたといわれる場所。道すがら、高校生カップル、ツーリング途中の青年、親子連れの学者、オカルト雑誌の編集者らに出会い、合わせて9人の訪問者が居合わせることになった。

 窓のない箱のような施設には、必ず当たる予言者と畏怖される老女サキミが住んでいた。サキミは、あと2日の間に、この地で男2人女2人、合わせて4人が死ぬと予言していた。

 逃げ出す間もなく、人里に続く唯一の橋が焼け落ちてしまう。外の世界と隔絶されたこの地で死者が出るとしたら、自分たちのうちの誰かだ。疑心暗鬼で迎えた翌日、地震が発生し、取材に来ていたオカルト雑誌の編集者が土砂に埋まって死ぬ。予言が的中したということか?

 なぜか事件を呼び寄せてしまう美女・比留子と、ワトソンになりたい葉村は、ミステリーの知識を総動員して、クローズドサークルの中で起きる事件を推理。そしてサキミをめぐる意外な真実までが明らかになる。

 このコンビ、今村ミステリーでこれからも活躍しそうだ。

(東京創元社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る