「東京の子」藤井太洋著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、2023年の東京。オリンピック後の東京は、人口減を補うために受け入れた外国人労働者であふれていた。失踪する労働者も後を絶たず、彼らを連れ戻す仕事を請け負っているのが主人公の舟津怜だ。

 子ども時代に保護施設で暮らしていた舟津は、施設を出た後に酷い親に捕まらないよう、15歳のときに戸籍を買い、仮部諫牟という偽名で暮らしつつ、その際世話になった大熊に仕事を紹介してもらっていたのだ。

 そんなある日、彼はオリンピック跡地にできた、働きながら学べる大学校「東京デュアル」の料理店スタッフであるベトナム人のファム・チ=リンの捜索を依頼される。行方を突き止めた舟津は、就職先も斡旋してもらえる上に奨学金サポートもあるという触れ込みの「東京デュアル」の本当の姿を、彼女が告発しようとしていることを知るのだが……。

 スマホで執筆した小説「Gene Mapper」がKindle小説売り上げ第1位になったことをきっかけに、小説家に転身した元エンジニアによる近未来小説。

 昨今の社会情勢の先に何が待っているのか、数年後の日本を予見したかのような小説となっている。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る