「都市空間の明治維新」松山恵著

公開日: 更新日:

 明治維新の時、維新政府の拠点は実は京都だった。畿内社会の反発を恐れて、政府が東京への遷都を宣言したことは一度もなく、当初、江戸は遷都の対象から外されていた。

 1864年の禁門の変以来、有力な藩は京都に拠点を置いていたが、因習のはびこる京都から遷都する必要があった。だが大坂城は鳥羽・伏見の戦いで焼け落ちたため、大坂に遷都すると皇居や官庁を新設しなければならない。ところが江戸は、江戸城外堀内側の武家地を新政府が没収していたため、遷都が可能だった。

 また、新政府は、国元に戻っていた旧大名を廃藩置県直前に再上京させて地元から引き離し、定住を命じて支配下に置くという措置を取る。

 新政府がどのように東京を首都とし、新旧の支配者層を入れ替えていったかに視点を当てて、明治維新を見直す。

 (筑摩書房 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る