「都市空間の明治維新」松山恵著

公開日: 更新日:

 明治維新の時、維新政府の拠点は実は京都だった。畿内社会の反発を恐れて、政府が東京への遷都を宣言したことは一度もなく、当初、江戸は遷都の対象から外されていた。

 1864年の禁門の変以来、有力な藩は京都に拠点を置いていたが、因習のはびこる京都から遷都する必要があった。だが大坂城は鳥羽・伏見の戦いで焼け落ちたため、大坂に遷都すると皇居や官庁を新設しなければならない。ところが江戸は、江戸城外堀内側の武家地を新政府が没収していたため、遷都が可能だった。

 また、新政府は、国元に戻っていた旧大名を廃藩置県直前に再上京させて地元から引き離し、定住を命じて支配下に置くという措置を取る。

 新政府がどのように東京を首都とし、新旧の支配者層を入れ替えていったかに視点を当てて、明治維新を見直す。

 (筑摩書房 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る