「日本史のミカタ」井上章一、本郷和人著

公開日: 更新日:

 東西の歴史学者が新たな視点で日本の歴史を読み解く対談集。

 日本人はいつから、日本という国を意識するようになったのか、というテーマでは、井上氏は日本という国のまとまりが少なくとも元寇(げんこう=1274年の文永の役、1281年の弘安の役)のころには出来ていたと説く。

 一方の本郷氏は元寇で戦った九州の武士には、国を守るという意識はなく、俺の土地を守るという意識で戦ったのだと反論。鎌倉を動かなかった軍事司令官だった執権・北条時宗にも日本を守るという意識がなかったと。

 さらに当時の日本のかたちを論じた、天皇を中心とした権門体制論と鎌倉幕府をもうひとつの国と見る東国国家論について意見を戦わすほか、天皇家や明治維新など豊富なテーマを縦横無尽に語りつくす。

(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る