「日本史のミカタ」井上章一、本郷和人著

公開日: 更新日:

 東西の歴史学者が新たな視点で日本の歴史を読み解く対談集。

 日本人はいつから、日本という国を意識するようになったのか、というテーマでは、井上氏は日本という国のまとまりが少なくとも元寇(げんこう=1274年の文永の役、1281年の弘安の役)のころには出来ていたと説く。

 一方の本郷氏は元寇で戦った九州の武士には、国を守るという意識はなく、俺の土地を守るという意識で戦ったのだと反論。鎌倉を動かなかった軍事司令官だった執権・北条時宗にも日本を守るという意識がなかったと。

 さらに当時の日本のかたちを論じた、天皇を中心とした権門体制論と鎌倉幕府をもうひとつの国と見る東国国家論について意見を戦わすほか、天皇家や明治維新など豊富なテーマを縦横無尽に語りつくす。

(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る