「斗南藩」 星亮一著

公開日: 更新日:

 斗南藩とは、戊辰戦争に敗れ、故郷を追われた会津藩士とその家族が、現在の青森県下北半島を中心とする旧南部藩の地に流罪となり、つくり上げた藩の名前。後に廃藩置県で弘前県に合併されたため、わずか1年半しか存在しなかったその知られざる斗南藩の歴史をひもとく明治維新史。

 明治新政府は、明治2年、会津藩士の謹慎を解き、南部藩から没収した北郡・二戸郡・三戸郡を会津藩領とする。そこは、実収わずか7000石の不毛の地だった。そんな土地に藩士とその家族、約1万7000人が移住したため、たちまち人々は飢餓に陥り、疫病も流行。日々の暮らしは監獄と同じだったという。移住した会津人家族のさまざまな記録などを紹介しながら、その苦難と再起の日々を追う。

(中央公論新社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る