「斗南藩」 星亮一著

公開日:  更新日:

 斗南藩とは、戊辰戦争に敗れ、故郷を追われた会津藩士とその家族が、現在の青森県下北半島を中心とする旧南部藩の地に流罪となり、つくり上げた藩の名前。後に廃藩置県で弘前県に合併されたため、わずか1年半しか存在しなかったその知られざる斗南藩の歴史をひもとく明治維新史。

 明治新政府は、明治2年、会津藩士の謹慎を解き、南部藩から没収した北郡・二戸郡・三戸郡を会津藩領とする。そこは、実収わずか7000石の不毛の地だった。そんな土地に藩士とその家族、約1万7000人が移住したため、たちまち人々は飢餓に陥り、疫病も流行。日々の暮らしは監獄と同じだったという。移住した会津人家族のさまざまな記録などを紹介しながら、その苦難と再起の日々を追う。

(中央公論新社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る