「花の下にて春死なむ」北森鴻著

公開日: 更新日:

「とりあえずビール」というのは、日本の酒席の常套句だが、ひとつには最初はあまり強くない酒から入るというのがあるだろう。事実、日本のビールのほとんどはアルコール度数が5%前後だ。

 ところが、世界にはスコットランドのスネークベノムのように67・5%というとんでもなく度数の高いビールもある。そこまでいかなくとも、ビールの専門店へ行けば10%を超すビールを飲むことができる。本書の舞台のビアバーには度数の異なる4種類のビールが用意されていて、客の気分によって、マスターが出すビールを替えていく。

【あらすじ】三軒茶屋の奥まった路地にあるビアバー「香菜里屋」。10人ほどが座れるL字形カウンターと2人用の小卓が2脚という小さな店で、全体が深い色調の茶で統一されている。

 マスターの工藤哲也は年齢不詳で、いつもヨークシャーテリアの刺繍の入ったワインレッドのエプロンをしている。特技は並外れた推理力で、客の断片的な話から見事、真実を解き明かしていく。

 フリーライターの飯島七緒は、急死した年長の俳句仲間の片岡草魚が、本籍も定かでなく名前も偽名らしいことを知る。残された手がかりを頼りに草魚の故郷とおぼしき町、山口県長府を訪れる。そこで草魚の秘められた過去を知ることになるのだが、工藤は、草魚の死んだ部屋の窓辺に季節外れの桜が咲いていたことから、まったく別の事件との関連を示唆する……というのが表題作。

 全6編の連作短編で、第6話は表題作の草魚にまつわる過去が再び取り上げられて連環をなすという仕立てだ。シリーズ全4作の1作目で、安楽椅子探偵の工藤マスターの過去や店の名の由来は4作目で明かされる。 <石>

(双葉社 583円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る