「麦酒の家の冒険」西澤保彦著

公開日: 更新日:

 たとえば、目の前にたっぷりの缶ビールとキンキンに冷えたジョッキがあったとする。しかもさんざん歩き回ってのどが渇いている。しかし、そこは見ず知らずの他人の家で、住んでいる気配がない。金さえ払えば飲んでもいいのではないか……酒飲みであればその誘惑に抗するのは困難だろう。本書は、まさにそんな立場に立たされた4人の酒飲みの話である。

【あらすじ】「牛が見たい――」というボアン先輩の一言でR高原で過ごすことになった、タック、タカチ、ウサコの男女4人組。牛見物が終わっての帰り、ガス欠を起こした一行は、夜の山中をさまよい歩くことに。

 歩き疲れて途方に暮れたところに現れたのが一軒の山荘。人の気配はない。仕方なくガラス窓を割って中へ入る。新しく広々としたリビングにもキッチンにも家具は一切なく、あるのは1台のベッドだけ。2階も同様に空っぽだが、ウオークインクローゼットを開けてみると、古ぼけた冷蔵庫が隠されていて、中にはヱビスのロング缶が96本と凍ったビールジョッキ13個が入っていた。

 首をかしげるばかりの4人だが、疲れ切って思考停止に陥った頭にはビールを飲むことしかない。人心地がついたところで改めてこのビールの謎が気になってくる。4人はそれぞれ仮説を立てていくが、結論は出ず。翌朝山荘を出てようやく帰途につくと、山を下りたところに似たような山荘があり、試しに中をのぞくと、ここもやはり家具はなく冷蔵庫にビールとジョッキがあるだけ。しかもビールは95本と1本少ない……。

【読みどころ】酒を飲みながらあれこれ推論をしていく、典型的なアームチェアディテクティブ。グラス片手に著者の巧みな仕掛けに酔うことができる。 <石>

(講談社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る