「太鼓叩きはなぜ笑う」鮎川哲也著

公開日: 更新日:

 バーテンダーの仕事のひとつに、客との距離感をうまくとるというのがある。あまり出過ぎず、といって放っておきもせず、客が何か話したがっていそうなら、促して話に耳を傾ける。そのためには、カウンターの中からその日の客の気分を一目で見抜き、それに応じた対応をする洞察力が必要だ。そんな職業だからだろうか、バーテンダーが探偵役を果たすミステリーがけっこうある。本書はその草分け的存在といっていいだろう。

【あらすじ】時代は1970年代初頭。西銀座にある会員制のバー「三番館」のダルマみたいに太った、ヒゲそりあとが青々としたバーテンダーは、大学教授と太刀打ちできるほどの博識。ただしカクテルをこしらえるのは下手という変わり種だ。

 私立探偵の「わたし」は店の常連で、捜査の仕事が入っているときにはアルコールの強いものは避けて、もっぱらバイオレットフィズを飲むことにしている。今回の依頼は、殺人の疑いを掛けられた被告の無実の立証。被告は、犯行時刻には鎌倉にいて、屋根に青いペンキを塗っているのを見たというのだが、どう調べてもそういう家はなかった。行き詰まった探偵は、三番館へ行きバーテンダーに相談する。するとバーテンダーは言う。もともと青い屋根を別の色に塗っていたとは考えられないかと……。

【読みどころ】以後、探偵は事件の現場に足を運び、関係者の話を聞くという「足」の役目を果たし、捜査が暗礁に乗り上げたところで「頭」たるマスターの登場というパターンが出来上がる。昔ながらの現場百回の元刑事とどんな難問もたちどころに解き明かす安楽椅子探偵というコンビのこのシリーズは、計6冊、36編書かれたが、本書はシリーズ1冊目。 <石>

(東京創元社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る