「バー・スクウェアの邂逅」福田和代著

公開日: 更新日:

 日本では、ウイスキーといえばスコッチ・ウイスキーが主流で、アイリッシュ・ウイスキーはややマイナーな存在だ。ハードボイルド好きなら、「鷲は舞い降りた」をはじめとするジャック・ヒギンズの作品によく登場するブッシュミルズの名前は聞いたことがあるだろう。

 本書に登場する刑事・三田靖彦が愛飲するのは、同じアイリッシュ・ウイスキーでもタラモア・デュー。けっこう癖のある酒で、三田いわく、「ひと口めには、その癖の強さが鼻につく。頑なで取り付く島がない、ごつごつした味わいだ。ふた口飲むとこれは俺の酒だと思った。俺が酒になっている」。

【あらすじ】大阪府警薬物対策課の刑事、三田は休みの前には好きな酒を痛飲するのが習慣で、決まった店では飲まないことを信条としていた。

 そんな休み前の晩、梅田の繁華街、お初天神通りの袋小路で男たちに絡まれていた歌手のアリサを助ける。それをきっかけに、アリサが常連のバー「スクウェア」に通うようになる。

 カウンターに8人掛ければ満員になる小さな店で、謎めいた雰囲気を漂わせるバーテンダーの「名無しのリュウ」と常連で元ボクサーの実業家・宇多島とも知り合う。アリサともよく一緒になるが、何も食べずにバーボンを主食のように飲む彼女に三田は危うさを感じていた。

 いつしか肌を合わせるようになった三田とアリサだが、突然、彼女が姿を消す。そこへアリサがコンサート前に必ず覚醒剤を使用するというタレコミが入る……。

【読みどころ】このアリサの事件を機に三田とリュウ、宇多島の3人は奇妙な関係をつくっていく。本書ではリュウの正体は不明のままだが、続編の「バー・スクウェアの矜持」で彼の過去が明かされる。 <石>

(東京創元社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る