堀井憲一郎
著者のコラム一覧
堀井憲一郎

1958年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。徹底的な調査をベースにコラムをまとめる手法で人気を博し、週刊誌ほかテレビ・ラジオでも活躍。著書に「若者殺しの時代」「かつて誰も調べなかった100の謎」「1971年の悪霊」など多数。

「高田馬場アンダーグラウンド」本橋信宏著

公開日: 更新日:

 高田馬場について書かれている。

 高田馬場は少し怪しい街である。

 池袋と新宿・歌舞伎町の間にあるため、そのバックヤードのような役割を担っているのだ。私も住んでいるから知っている。そのアンダーグラウンドに生きる人たちを描いている。

 あらゆる関係者に直接に話を聞く調査力がすごい。それも上っつらな取材ではなく、しっかり本音まで聞き出している。

「ビニ本」を始めて大儲けした男、「自販機本」をつくった男、歌舞伎町で「ぼったくりの帝王」と呼ばれた男。生々しい声が記されている。それだけではなく「赤軍派の元最高指導者」の話まで聞き出している。すべて高田馬場でつながっているのだ。

 裏側の人間だけではなく高田馬場ゆかりの江戸川乱歩や手塚治虫、また名曲「神田川」の作詞家・喜多條忠たちの素顔にも迫る。この「表」の人たちの話も極めて面白い。風俗マンガ家として知られる成田アキラと手塚治虫との交流話は、最後の最後、ええ話やあ、と胸に迫る。

 喜多條忠が「神田川」を作詞し、それに南こうせつが曲をつけたエピソードにも圧倒される。

 筆者は、喜多條忠本人に名曲「神田川」の舞台となった「三畳一間の下宿」があった場所に案内されている。「ああ……なんということか。私の仕事場とそれこそ目と鼻の先ではないか」と書かれた横にある写真を見て、これまた私(堀井)が驚いた。私の仕事場とも目と鼻の先である。筆者はその場所の橋の欄干に赤いテープを巻き付けたらしい。そして、ウソのような話であるが、私はそのテープを見かけていたのだ。あれはそういう目印だったのかと思った瞬間に、だったら歌に出てくる銭湯は、あの昭和の終わりになくなった和菓子屋とはんこ屋の先のあそこだ、と思い至り、私はしばし呆然としてしまった。当書を読んでる間中、私は昭和の中に居続けていた。

(駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る