「夜の塩」山口恵以子著

公開日: 更新日:

 主人公は、私立名門校の英語教師として働いている篠田十希子。同僚との婚約も決まり、幸福な日々が始まる予感に胸をはずませていた。

 ところが、十希子の花嫁姿を一番楽しみにしていたはずの母が、仲居として働いていた料亭「千代菊」の客であった男と突然心中したというニュースが入る。父が亡くなって以来、女手ひとつで十希子を育ててくれた母が、このタイミングで心中するわけがない。そう確信した十希子だったが世間の目は冷たく、勤めていた学校は辞めざるを得なくなり婚約者も去った。

 母と心中した商社勤めの男は、鉄鋼会社との架空取引に関与したとして、検察に召喚される寸前だったという話を聞いた十希子は、母の死の真相を探るべく、母の働いていた料亭に潜入して働き始めるのだが……。

 2007年「邪剣始末」で作家デビューし、2013年に「月下上海」で第20回松本清張賞を受賞した作家の最新作。

 なぜ母親は娘の結婚直前に死ななければならなかったのか。母親の汚名をそそぐため、体当たりで事件の渦中へと身を投じたひとりの女性の、愛と復讐の物語になっている。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る