「まつらひ」村山由佳著

公開日: 更新日:

 浅間山の麓、長野県御代田町に嫁いだ舞桜子は、幼い頃からひたすら好きだった雅文と結ばれ、娘にも恵まれた。

 家業の農園も順調で、姑ともうまくいっており、あまりの幸せに不安を覚えるほどだった。

 気がかりといえば、初夏から夏の終わりにかけて、ちょうど「龍神まつり」が近づく頃に、決まって夫と激しくもつれ合う艶夢を繰り返し見ることだ。ふだんはおとなしい夫が夢の中ではみだらに攻め立てる。夫にも打ち明けられずに悶々とする舞桜子は、ついに夢の正体を知ることに……。(「夜明け前」)

 23歳の若さで逝った、歌手の〈クズケン〉こと葛巻剣児。幼馴染みの友春は剣児を〈神〉と崇めていたが、剣児の引っ越しでしばらく連絡が途絶える。再会したのは2人の故郷・岩手県黒石町で行われる蘇民祭。

 日本3大裸祭りの1つで、ふんどし姿の裸の男たちが激しくぶつかり合う。剣児のたくましい裸体に見惚れる友春だが……。(「約束の神」)

 浅草の四万六千日、柳川の白秋祭、野沢の道祖神祭り、相馬野馬追――全国の祭りを舞台に、多様な性を描いた短編集。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る