「夏の坂道」村木嵐著

公開日: 更新日:

 大日本帝国憲法公布の年に香川県で生まれた南原繁は、18歳のとき上京し、日本中の秀才が集まるといわれる一高に進学した。しかし、新渡戸稲造や内村鑑三といった尊敬する師に恵まれ、学問とキリスト教に目を開かれた南原に待ち受けていたのは、戦争の時代だった。

 軍国主義が台頭し、治安維持法には目的遂行罪が加えられ、特別高等警察が全府県に配置されるようになる。東京帝大の法学部教授となった南原は、貴重な本が発禁処分を受け、何人もの教授たちが不敬罪で告発され、学問や言論の自由が失われていくのを目撃する。

 軍部や政争に好き勝手に悪用される法を作ったのは、ほかならぬ東大法科で学んだ人間ではないのかと自問するなか、法学部が政治と対峙せざるを得ないことを実感するが、ついに太平洋戦争が始まってしまった。終戦を願う南原は、学内の仲間と秘密裏に終戦工作を始めるのだが……。

 2010年「マルガリータ」で第17回松本清張賞を受賞し、作家デビューした著者の最新作。戦後最初の東大総長として、敗戦後の日本のあるべき姿を説いた南原繁の生涯を描いている。

 (潮出版社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る