「おっさんたちの黄昏商店街」池永陽著

公開日: 更新日:

 埼京線沿いの小さな町にある旧鈴蘭中央商店街は、不景気のあおりを受けシャッター街になる寸前。廃れゆく商店街を何とかしようと、喫茶店の主人である洞口修司の声掛けで、学習塾を開いている小堀裕三、区役所を退職して年金生活を謳歌している川辺茂、鍼医の羽生源次の同級生3人、そこへ昭和好きの高校生・翔太が加わり、町おこしに立ち上がった。

 裕三たち推進委員会は、通りに面した開口部を木製にして昭和っぽさをウリにしようと提案するが、豆腐屋の仙市だけは首を縦に振らず、計画が進んでいなかった。

 そんなある日、いつものように裕三ら推進委員が集まって飲んでいると、源次が指ではじいてビールの栓を開けてみせた。驚くみんなに「わし、実は忍者なんだ」と告白する……。

 ワケありの独り身のおっさんたちが、町おこしを通じて絆を深めていく人情連作集。

(潮出版社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る

人気キーワード