「おっさんたちの黄昏商店街」池永陽著

公開日: 更新日:

 埼京線沿いの小さな町にある旧鈴蘭中央商店街は、不景気のあおりを受けシャッター街になる寸前。廃れゆく商店街を何とかしようと、喫茶店の主人である洞口修司の声掛けで、学習塾を開いている小堀裕三、区役所を退職して年金生活を謳歌している川辺茂、鍼医の羽生源次の同級生3人、そこへ昭和好きの高校生・翔太が加わり、町おこしに立ち上がった。

 裕三たち推進委員会は、通りに面した開口部を木製にして昭和っぽさをウリにしようと提案するが、豆腐屋の仙市だけは首を縦に振らず、計画が進んでいなかった。

 そんなある日、いつものように裕三ら推進委員が集まって飲んでいると、源次が指ではじいてビールの栓を開けてみせた。驚くみんなに「わし、実は忍者なんだ」と告白する……。

 ワケありの独り身のおっさんたちが、町おこしを通じて絆を深めていく人情連作集。

(潮出版社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る