「落語の種あかし」中込重明著

公開日: 更新日:

 落語のほとんどは、狂言や黄表紙、講談、外国の物語を落語化したもの。原話から落語へと作り直される際に、物語は普遍化され、その普遍化こそが聞く者に共感の笑いをもたらす。虚実が複雑に入り乱れ、謎が多い。そんな落語の名作の成り立ちの過程を明らかにする落語本。

 人情噺「芝浜」は、酒好きの怠け者の魚屋が、大金が入った財布を拾う噺。これは中国の古典「列子」の「蕉鹿の夢」の故事や元禄時代の咄本などに類話があるという。さらに著者は、夢を利用して夫をだます女房に注目して、江戸時代に既に願望は夢に現れやすいという心理学的な共通認識が人々にあったことを指摘する。

 その他、「文七元結」や「大山詣り」など文献を読み解きながら、落語の起源を明らかにしていく落語ファン必見の書。

(岩波書店 1540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る