「落語の種あかし」中込重明著

公開日: 更新日:

 落語のほとんどは、狂言や黄表紙、講談、外国の物語を落語化したもの。原話から落語へと作り直される際に、物語は普遍化され、その普遍化こそが聞く者に共感の笑いをもたらす。虚実が複雑に入り乱れ、謎が多い。そんな落語の名作の成り立ちの過程を明らかにする落語本。

 人情噺「芝浜」は、酒好きの怠け者の魚屋が、大金が入った財布を拾う噺。これは中国の古典「列子」の「蕉鹿の夢」の故事や元禄時代の咄本などに類話があるという。さらに著者は、夢を利用して夫をだます女房に注目して、江戸時代に既に願望は夢に現れやすいという心理学的な共通認識が人々にあったことを指摘する。

 その他、「文七元結」や「大山詣り」など文献を読み解きながら、落語の起源を明らかにしていく落語ファン必見の書。

(岩波書店 1540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る