「昭和の品格 クラシックホテルの秘密」山口由美著

公開日: 更新日:

 クラシックホテルとは、戦前に創業したホテルで、創業当時の経営指針を継承して、建設当時の建物を維持(改修・復元を含む)、現在も営業を続けているホテルのこと。

 この条件を満たし「日本クラシックホテルの会」に加盟するのは、わずか9ホテル。本書はそのうち5軒を取り上げ、その魅力を紹介するビジュアルブック(残り4ホテルは著者の前著で紹介)。

 まずは、日本屈指の景勝地や避暑地に誕生し、今もその歴史を積み重ねる正統派リゾートホテル「雲仙観光ホテル」(長崎県 1935年・昭和10年創業)、「蒲郡クラシックホテル」(愛知県 1934年創業)、「川奈ホテル」(静岡県 1936年創業)を取り上げる。

 実はこれらのホテルが同時期に創業したのには訳がある。昭和5年に創設された国際観光局という機関によって、昭和15年開催予定で、結果としては幻に終わった東京五輪に向け、各地にホテルを整備すべく特別融資が行われ、14軒のホテルが開業。現在も往時のままのたたずまいを残して営業しているのがこの3ホテルなのだ。

 創業者が船会社も経営しており、豪華客船を思わせる重厚なロビー空間が自慢の雲仙観光ホテル、日本で最初のゴルフコースを併設した川奈ホテル、そして城郭を思わせる帝冠様式の外観とは対照的に内観はアールデコ調の蒲郡クラシックホテル。それぞれの創業の物語をひもとき、各ホテルの魅力を紹介。

 残り2軒は、東京駅丸の内駅舎内に1915(大正4)年に開業した「東京ステーションホテル」と、関東大震災からの復興のシンボルとして1927(昭和2)年に横浜に開業した「ホテルニューグランド」。

 滞在すること、それ自体が旅の目的となるような極上な体験への招待状。

 (新潮社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る