「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」レンタルなんもしない人著

公開日: 更新日:

 自分は「働くことが向いていない」と気づいた著者は、「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた。謝礼は国分寺駅からの交通費と飲食代だけ。

 ある日、「女子大生の気分で渋谷のヨシモト∞ホールを眺める」という依頼があった。「もうひとりの私になってほしい」という。それで、地方から上京した女子大生の気分で渋谷を歩いたら楽しかった。名誉毀損で訴えられている被告からは「自分に関わる裁判の傍聴席に座ってほしい」という依頼。待合室にいたら「いま目の前にいるのが裁判の相手です」というダイレクトメッセージが来て、ワクワクした。

 奇妙なサービスを始めた著者の奇妙な体験を満載。 (晶文社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る