• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「オカンといっしょ」ツチヤタカユキ著

 生まれてから一度も父親を見たことがない「僕」は、さまざまな「オカンの男」が出入りする家庭で育った。

 あるときはヤクザの男、あるときは巨大ワゴン車に乗った男と、レンタルビデオを借りては返すかのように目まぐるしく変わる「オカンの男」との付き合いに疲れ、いつしか嫌いな人間を殺す絵を描いて過ごすように。

 周囲から気味悪がられ、孤立したままやっと高校を卒業。

 始めたアルバイトにも意味を感じることができなかったが、唯一熱中できたのは「ケータイ大喜利」への投稿だった。バイトを辞め、一日中引きこもって笑いのネタを考え、構成作家になる道を模索し始めるのだが……。

 ハガキ職人から構成作家としてお笑いの道に入り、「笑いのカイブツ」で衝撃的なデビューを果たした新人作家による自叙伝的小説第2弾。

 どこにいても学校になじめない転校生のような気分で生きてきたという著者が、今どん底にいる人に向けて自身の体験を赤裸々に描いている。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る