「オカンといっしょ」ツチヤタカユキ著

公開日: 更新日:

 生まれてから一度も父親を見たことがない「僕」は、さまざまな「オカンの男」が出入りする家庭で育った。

 あるときはヤクザの男、あるときは巨大ワゴン車に乗った男と、レンタルビデオを借りては返すかのように目まぐるしく変わる「オカンの男」との付き合いに疲れ、いつしか嫌いな人間を殺す絵を描いて過ごすように。

 周囲から気味悪がられ、孤立したままやっと高校を卒業。

 始めたアルバイトにも意味を感じることができなかったが、唯一熱中できたのは「ケータイ大喜利」への投稿だった。バイトを辞め、一日中引きこもって笑いのネタを考え、構成作家になる道を模索し始めるのだが……。

 ハガキ職人から構成作家としてお笑いの道に入り、「笑いのカイブツ」で衝撃的なデビューを果たした新人作家による自叙伝的小説第2弾。

 どこにいても学校になじめない転校生のような気分で生きてきたという著者が、今どん底にいる人に向けて自身の体験を赤裸々に描いている。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る