「オカンといっしょ」ツチヤタカユキ著

公開日: 更新日:

 生まれてから一度も父親を見たことがない「僕」は、さまざまな「オカンの男」が出入りする家庭で育った。

 あるときはヤクザの男、あるときは巨大ワゴン車に乗った男と、レンタルビデオを借りては返すかのように目まぐるしく変わる「オカンの男」との付き合いに疲れ、いつしか嫌いな人間を殺す絵を描いて過ごすように。

 周囲から気味悪がられ、孤立したままやっと高校を卒業。

 始めたアルバイトにも意味を感じることができなかったが、唯一熱中できたのは「ケータイ大喜利」への投稿だった。バイトを辞め、一日中引きこもって笑いのネタを考え、構成作家になる道を模索し始めるのだが……。

 ハガキ職人から構成作家としてお笑いの道に入り、「笑いのカイブツ」で衝撃的なデビューを果たした新人作家による自叙伝的小説第2弾。

 どこにいても学校になじめない転校生のような気分で生きてきたという著者が、今どん底にいる人に向けて自身の体験を赤裸々に描いている。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    元永知宏氏「甲子園が暴力を生みメディアが助長している」

もっと見る