「ままならないから私とあなた」朝井リョウ著

公開日: 更新日:

 語り手・雪子は、ピアノが大好きな小学5年生の女の子。算数が得意で一人でいることも怖がらない薫と仲良しで、将来の夢を教え合っている。

 背が高くて日直当番の黒板消しを手伝ってくれるワタナベ君のこと、すでに胸が大きくなり自分より先にブラジャーを着け始めた薫のことが気になって仕方ない。

 そんな雪子の内面の変化を、2009年の小学5年時から大人になった2022年まで追っていくのだが……。

「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞してデビューし、「何者」で第148回直木賞を、「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞を受賞した著者による最新作。

 表題作のほか、結婚式の出席者や恋人役など人間関係をレンタルするサービス業に対して真正面から疑問を呈する男を描いた「レンタル世界」も収録。

 どちらの作品も合理的で無駄のないことに価値を置く現代に順応して生きていく人間と、それに違和感を持つ人間が登場する。自分と他者との間にある、どうしようもないほどの価値観や生き方の違いについて、考えさせてくれる物語になっている。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  8. 8

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  9. 9

    8月の自殺者が15%増 コロナで踏ん張るも“心が折れた”恐れ

  10. 10

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

もっと見る

人気キーワード