• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ままならないから私とあなた」朝井リョウ著

 語り手・雪子は、ピアノが大好きな小学5年生の女の子。算数が得意で一人でいることも怖がらない薫と仲良しで、将来の夢を教え合っている。

 背が高くて日直当番の黒板消しを手伝ってくれるワタナベ君のこと、すでに胸が大きくなり自分より先にブラジャーを着け始めた薫のことが気になって仕方ない。

 そんな雪子の内面の変化を、2009年の小学5年時から大人になった2022年まで追っていくのだが……。

「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞してデビューし、「何者」で第148回直木賞を、「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞を受賞した著者による最新作。

 表題作のほか、結婚式の出席者や恋人役など人間関係をレンタルするサービス業に対して真正面から疑問を呈する男を描いた「レンタル世界」も収録。

 どちらの作品も合理的で無駄のないことに価値を置く現代に順応して生きていく人間と、それに違和感を持つ人間が登場する。自分と他者との間にある、どうしようもないほどの価値観や生き方の違いについて、考えさせてくれる物語になっている。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る