「へろへろ」鹿子裕文著

公開日: 更新日:

 1991年、社会福祉士の下村恵美子は仲間と、福岡市のお寺の一角を借りてデイサービスを始める。きっかけは、ごみ屋敷化した部屋で一人暮らしをする認知症の大場さんとの出会いだった。彼女が施設に入所を拒まれ、「ばあさま1人の面倒もみきらんで、なんが福祉か!」と憤り、自力で立ち上げたのだ。その「余計なことは一切しない」というデイサービスが人気を呼び、古民家を借りてグループホームの運営を始めることに。

 しかし、資金はゼロ。下村らは行商などで資金を捻出。さらに法律の改正で施設の閉鎖に追い込まれた下村らは、再びゼロから特別養護老人ホームの建設に乗りだす。

「宅老所よりあい」開設までの顛末を記録した痛快実録。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る