「へろへろ」鹿子裕文著

公開日: 更新日:

 1991年、社会福祉士の下村恵美子は仲間と、福岡市のお寺の一角を借りてデイサービスを始める。きっかけは、ごみ屋敷化した部屋で一人暮らしをする認知症の大場さんとの出会いだった。彼女が施設に入所を拒まれ、「ばあさま1人の面倒もみきらんで、なんが福祉か!」と憤り、自力で立ち上げたのだ。その「余計なことは一切しない」というデイサービスが人気を呼び、古民家を借りてグループホームの運営を始めることに。

 しかし、資金はゼロ。下村らは行商などで資金を捻出。さらに法律の改正で施設の閉鎖に追い込まれた下村らは、再びゼロから特別養護老人ホームの建設に乗りだす。

「宅老所よりあい」開設までの顛末を記録した痛快実録。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る