「総介護社会」小竹雅子著

公開日: 更新日:

 介護保険のサービスが始まって18年。その間に高齢化は進み、制度の見直し・改正も何度か行われてきた。その介護保険の18年間を総括する社会保障テキスト。

 かつては子供との同居率は7割と多数派だったが、2014年には4割まで低下。65歳以上の高齢者だけで暮らす世帯も半数を超えた。サービスが始まった2000年度に介護認定を受けた人は256万人だったが、15年度には620万人に増加している。一方で人口の7%にあたる699万人が介護をする側だという。こうした詳細なデータをあげながら、介護保険がはじまるとともに進む「介護問題の社会化」や介護現場で働く人たちの実態を紹介。介護保険の使い方の詳しい解説とともに、制度の問題点を指摘する。

(岩波書店 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る

人気キーワード