• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私が誰かわかりますか」谷川直子著

 再婚を機に、東京から九州のとある都市に移住してきた桃子は、ある日、夫の隆行から「俺は長男だから父親を引き取る」と言われ、愕然とする。

 認知症の夫・守を3年間老老介護した姑の涼世が目の病気を患い、とうとう白旗を揚げたのだ。

 口さがない親戚や近所の人々を思いだし、渋々承諾をした桃子だったが、守が老人ホームに入所するとかわいそうになり、毎日のように通いだす。しかし、付き添いの宿泊や老健施設への移行と正解が分からぬまま介護を続ける桃子は次第に疲弊していく……。

 自宅介護を押し付けられた恭子、死んだ夫の両親に家政婦のように扱われている静子ら介護を背負わされた女性たちの奮闘を、軽やかなリズムで描いた介護・みとり物語。

 (朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る