「私が誰かわかりますか」谷川直子著

公開日: 更新日:

 再婚を機に、東京から九州のとある都市に移住してきた桃子は、ある日、夫の隆行から「俺は長男だから父親を引き取る」と言われ、愕然とする。

 認知症の夫・守を3年間老老介護した姑の涼世が目の病気を患い、とうとう白旗を揚げたのだ。

 口さがない親戚や近所の人々を思いだし、渋々承諾をした桃子だったが、守が老人ホームに入所するとかわいそうになり、毎日のように通いだす。しかし、付き添いの宿泊や老健施設への移行と正解が分からぬまま介護を続ける桃子は次第に疲弊していく……。

 自宅介護を押し付けられた恭子、死んだ夫の両親に家政婦のように扱われている静子ら介護を背負わされた女性たちの奮闘を、軽やかなリズムで描いた介護・みとり物語。

 (朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る