「私が誰かわかりますか」谷川直子著

公開日:

 再婚を機に、東京から九州のとある都市に移住してきた桃子は、ある日、夫の隆行から「俺は長男だから父親を引き取る」と言われ、愕然とする。

 認知症の夫・守を3年間老老介護した姑の涼世が目の病気を患い、とうとう白旗を揚げたのだ。

 口さがない親戚や近所の人々を思いだし、渋々承諾をした桃子だったが、守が老人ホームに入所するとかわいそうになり、毎日のように通いだす。しかし、付き添いの宿泊や老健施設への移行と正解が分からぬまま介護を続ける桃子は次第に疲弊していく……。

 自宅介護を押し付けられた恭子、死んだ夫の両親に家政婦のように扱われている静子ら介護を背負わされた女性たちの奮闘を、軽やかなリズムで描いた介護・みとり物語。

 (朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る