「私が誰かわかりますか」谷川直子著

公開日:

 再婚を機に、東京から九州のとある都市に移住してきた桃子は、ある日、夫の隆行から「俺は長男だから父親を引き取る」と言われ、愕然とする。

 認知症の夫・守を3年間老老介護した姑の涼世が目の病気を患い、とうとう白旗を揚げたのだ。

 口さがない親戚や近所の人々を思いだし、渋々承諾をした桃子だったが、守が老人ホームに入所するとかわいそうになり、毎日のように通いだす。しかし、付き添いの宿泊や老健施設への移行と正解が分からぬまま介護を続ける桃子は次第に疲弊していく……。

 自宅介護を押し付けられた恭子、死んだ夫の両親に家政婦のように扱われている静子ら介護を背負わされた女性たちの奮闘を、軽やかなリズムで描いた介護・みとり物語。

 (朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る