「トッカイ」清武英利著

公開日: 更新日:

 京都の老舗の仏具屋に、寺を売りたいという相談が持ち込まれた。仏具屋が不動産業者の西山を紹介すると、後日、西山にこう聞かれた。

「国宝いうもんが、いくらぐらいするか、おまえ、知ってるか?」

 やがて、落魄(らくはく)した名刹(めいさつ)、大雲寺から釣り鐘や十一面観音像などが消えるという事件が起きる。地価が急上昇した1989年ごろには、京都中で神社仏閣の移転話が広がっていった。

 西山は僧侶や神主、祇園に食い込み、住宅金融専門会社を利用してビジネスを展開するようになる。

 そして、大阪でも花街を買い占める男が現れ、日本住宅金融が特別回収隊をつくるのだった。

 バブル崩壊後、不良債権回収に取り組んだ整理回収機構特別回収部の男たちの攻防を描くノンフィクション。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る