「トッカイ」清武英利著

公開日: 更新日:

 京都の老舗の仏具屋に、寺を売りたいという相談が持ち込まれた。仏具屋が不動産業者の西山を紹介すると、後日、西山にこう聞かれた。

「国宝いうもんが、いくらぐらいするか、おまえ、知ってるか?」

 やがて、落魄(らくはく)した名刹(めいさつ)、大雲寺から釣り鐘や十一面観音像などが消えるという事件が起きる。地価が急上昇した1989年ごろには、京都中で神社仏閣の移転話が広がっていった。

 西山は僧侶や神主、祇園に食い込み、住宅金融専門会社を利用してビジネスを展開するようになる。

 そして、大阪でも花街を買い占める男が現れ、日本住宅金融が特別回収隊をつくるのだった。

 バブル崩壊後、不良債権回収に取り組んだ整理回収機構特別回収部の男たちの攻防を描くノンフィクション。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る