「国宝消滅」デービッド・アトキンソン著

公開日: 更新日:

観光ビジネスの強化こそ日本経済の進むべき道

 著者はゴールドマン・サックス証券時代に日本の不良債権の実態を暴き注目を集めた金融アナリスト。茶道など日本の伝統文化にも造詣が深く、現在は創立300年を超す国宝・重要文化財の補修を手がける小西美術工藝社の社長を務める。

 前著「新・観光立国論」で、人口減少によって労働人口や国内市場が縮小している日本経済にとって観光ビジネスの強化こそ進むべき道だと提言、そのための問題点と可能性を鋭く指摘した。本書はその続編ともいうべきもの。

 本書の要点は以下の通り。観光立国実現のために既存の文化財を観光資源として整備・活用すること。文化財を維持する財源を国の補助金偏重から観光客からの収入へと転換すること。文化財の利用を拡大することによって伝統技術の継承を促すこと。これらはすべて実証的なデータをもとにしており、現状の文化行政、職人意識の問題点を鋭く突いている。

 最近、情緒的な日本礼賛論が目につくが、本書のような辛口の日本文化に対する視線こそが、日本の真の魅力をアピールするためには必要だろう。(東洋経済新報社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る