【失敗ビジネスに学ぶ】ビジネスに失敗はつきもの。とはいえ、いまも悔やまれる大失敗には苦い教訓があふれている。

公開日: 更新日:

「海外大型M&A大失敗の内幕」有森隆著

 武田薬品、ブリヂストン、ソニー、三菱地所、松下電器……いずれ劣らぬ日本の名門企業だが、共通点は海外企業の大型M&A(合併・買収)に失敗していること。

 武田は日本国内では最大手だが、海外では準大手。つまり「買収する」より「される」側にいた上に、自慢の自社創薬がいずれも特許期限切れを目前にしたため、創業家以外からトップに上った社長が海外買収を急ぎ過ぎて社内の組織統治を弱体化させたという。またブリヂストンの場合は米名門ファイアストンを買収したものの、気位の高い子会社に権限を委譲しすぎたためにアメリカで欠陥タイヤ問題が起こったとき、周到なフォード社から「事故は車ではなくタイヤのせい」と世論誘導されてしまった。

 売上高が自社の2倍という英ピルキントン社を買収した日本板硝子は、ITバブルがはじけて事業計画が暗礁に乗り上げたあと、飛躍を狙ってピ社を買収したものの、海千山千の相手に手玉にとられ、「小が大をのむ」つもりが結局、大にのまれてしまう。グローバル買収では買収後の社内統合が何より大事なのに社内の人材不足で失敗してしまったのだ。ガラパゴス化の弊害は人材にもありという教訓だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード