「手のひらの小さな愛」川嶋康男著

公開日: 更新日:

 大雪山連峰の最高峰、旭岳の麓に広がる東川町。著者が初めてクラフト作家・太田久幸の作品に出合ったのは、この町のギャラリー「コタン・クル・カムイ」だった。展示されていたのは角材の木口に描かれたオブジェ「樹魂」。太田は「太田木地工房」を開いていたが、昭和52年に旭川市工芸指導所の嘱託となった工業デザイナー、秋岡芳夫の指導を受け、ウッドクラフトを制作するようになった。

 4年後、友人が持ち込んだミズナラの古材を見て、太田は目を疑った。ミズナラが語りかけてくる。このミズナラで「樹魂」を作りたいと思った。

「旋盤の魔術師」と呼ばれたクラフトマンを描くノンフィクション。

(新評論 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード