GW明けに急増 わが子が不登校になったらどう対応すべきか

公開日: 更新日:

 長かったGWが明けて最初の週末だ。朝、子供が頭痛や腹痛を訴え、学校を休みがちになった。こんな時、親はどう対応すべきか?

「最もやってはいけないのは、『どうして学校に行かないの?』『ズル休みじゃないの?』などと責めることです」

 こう指摘するのは、不登校や引きこもりに関する取材を長年行うノンフィクション作家の黒川祥子氏だ。引きこもりの若者の社会参加・自立を支えるNPO団体の監事も務める。その黒川氏によれば、長期休暇をきっかけに不登校になる子供は珍しくない。自殺が多いのも長期休暇明けで、特に夏休み明けは最も多い。黒川氏に聞いた――。

「学校に行きたがらないのには、必ず理由がある。あの場所に戻るくらいなら死んでしまいたい、となるのでしょう。学校さえなければ生き延びられた子供はかなりいると思います。親は無理に行かせるのではなく、学校を嫌がる理由を知るべき」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る