「人喰い――ロックフェラー失踪事件」カール・ホフマン著、古屋美登里訳

公開日: 更新日:

 1961年11月、ニューギニア島とオーストラリア北岸の間に位置するアラフラ海で、ニューギニアの少数民族、アスマット族のプリミティブアートを収集していたマイケル・ロックフェラーが行方不明になった。

 マイケルの祖父は石油王のジョン・ロックフェラー、父のネルソンはニューヨーク州知事で後の副大統領というロックフェラー家の御曹司だ。結局、消息は掴めず、代わりにマイケルはアスマット族の男たちに殺され食べられたという驚くべき報告がもたらされた。

 なぜこの食人行為が行われたかについては、事件の4年ほど前に起こった、オランダ人統治者による現地人襲撃への「復讐」だという見解がすでに示されていた。

 しかし、その報告に現地の声が反映されていないことに疑義をもった著者は、事件から50年後の2012年に現地を訪れた。アスマット族たちとじかに交流をすることで、彼らの文化の中においてこの事件がどのように位置づけられるのかを内側から探っていこうというのだ。

 既存の調査や記録からは理解しえないカニバリズムの「なぜ」に鋭く迫った衝撃のノンフィクション。

(亜紀書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄