吉田友和
著者のコラム一覧
吉田友和旅行作家

1976年、千葉県生まれ。出版社勤務を経て2005年、旅行作家として活動開始。ドラマ化された「ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン」のほか、著書に「3日もあれば海外旅行」「10日もあれば世界一周」「思い立ったが絶景」「東京発 半日旅」「泣かない一人旅」など多数。

「わが天幕焚き火人生」椎名誠著

公開日: 更新日:

 電子書籍のような便利なものがまだなかった時代、海外で手に入る日本語の本は貴重だった。長旅の途中、ほかの日本人旅行者から譲ってもらったり、だれかが宿に置いていったりした本を貪るようにして読んだものだ。当時、海外で最もよく出合ったのが椎名誠さんの本だった。小説やエッセーなど多彩な著書を出されている人だが、紀行文も読み応えがある。

 中でも特に印象深いのが、南米大陸南部のパタゴニア地方の旅行記だ。たまたま同地を旅している時に読んだせいもある。「椎名誠が泊まっていたのはこのホテルらしい」などと、現地ではまことしやかに噂になっていたりもした。

 本書は単行本未収録のエッセーを集めた一冊だが、その冒頭を飾るのがそのパタゴニア旅行の「マゼラン海峡航海記」だ。1983年の話というから相当昔の話だが、今読んでも臨場感たっぷり。水兵が船酔いで倒れるほどの荒波の中でも、うまいと言いながらご飯を食べる椎名さんの豪胆さに恐れ入る。

 一方で、書名にもなっている天幕=テントと焚き火の話はまさに椎名さんにとってライフワークと呼べるもの。キャンプを始めたのは中学生時で、その頃から仲間と焚き火を囲んでいたというから筋金入りだ。カナダの北極圏でキャンプした時には「テントの中に三百匹ぐらいの蚊が入り込んできた」とか、タクラマカン砂漠では「砂嵐で吹き飛ばされないようにテントに十人ずつ寝た」など、辺境でのキャンプならではの壮絶なエピソードが興味深い。

 収録された短編は旅に絡むむ話に加え、「日常お茶碗靴枕的話題」も混在している。ロボット掃除機に振り回されたり、運転免許の高齢者講習を受けたり。いわば日常の近況報告のような内容をこれほど面白おかしく読ませてくれるのはさすがで、シーナワールド全開の一冊となっている。

(産業編集センター1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る