「スケートは人生だ!」宇都宮直子著

公開日: 更新日:

 2018年2月、韓国の平昌で冬季オリンピックが開催された。羽生結弦は前年の11月に、練習中に転んで右足首を損傷、それ以来、試合には出ていない。オリンピックでは個人戦の前に団体戦が行われるが、羽生はそれにも出場しなかった。これまでにも、何度も病気やけがをしたが、羽生はそのたびにさらに美しくなってリンクに戻ってきた。間に合わないはずはない。羽生の姿がリンクサイドに現れると、拍手が沸き起こる。「バラード第一番」がリンクに流れると羽生は滑り出し、ふわりと4回転サルコウを跳んだ。(「魂の覚醒」)

「SPUR」に連載された宇野昌磨、高橋大輔ら、男子フィギュア選手について語るエッセーの単行本化。

 (三賢社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る