「スケートは人生だ!」宇都宮直子著

公開日: 更新日:

 2018年2月、韓国の平昌で冬季オリンピックが開催された。羽生結弦は前年の11月に、練習中に転んで右足首を損傷、それ以来、試合には出ていない。オリンピックでは個人戦の前に団体戦が行われるが、羽生はそれにも出場しなかった。これまでにも、何度も病気やけがをしたが、羽生はそのたびにさらに美しくなってリンクに戻ってきた。間に合わないはずはない。羽生の姿がリンクサイドに現れると、拍手が沸き起こる。「バラード第一番」がリンクに流れると羽生は滑り出し、ふわりと4回転サルコウを跳んだ。(「魂の覚醒」)

「SPUR」に連載された宇野昌磨、高橋大輔ら、男子フィギュア選手について語るエッセーの単行本化。

 (三賢社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る