「元祖・本家の店めぐり町歩き」南伸坊、坂崎重盛著

公開日: 更新日:

 元祖・本家の宝庫といえるのが麻布十番。世界一の売り上げでギネスブックに登録されている元祖・たい焼きの「浪花屋」がある。四谷の「わかば」は尻尾まであんこが入っていて安藤鶴夫が感動していたが、南は「でも、どうですか、尾っぽまでって。逃げ場もつくってくんないと(笑い)」と反論。たい焼きは出来たてを食べたいが、持ち帰りは30~40分は待たされる。すぐ出てくる2階のカフェで食べるのが裏ワザ。麻布十番には「更科」と名のつくそば屋が3軒あり、そのうち2軒は元祖ではなく「総本家」。近くには和菓子の「総本家」もあり、狭いエリアに「総本家」が密集している。ほかに、元祖・カレーパンのある森下などを、ダジャレを言いつつ散歩名人がゆく。

(芸術新聞社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る

人気キーワード